2/15/2013

クラブ号自転車

ちょっと目先を変えて。。。
結構古くから自転車業界にいますから
様相の移り変わりの情報は少しあります。

この自転車は、卸屋さんの倉庫にあった物です。
譲ってもらって20年は経つかな~
実用車って言うカテゴリーです。
お米屋さんなどで使うもっとタイヤの太い物で運搬車って言う物もありました。

このハンドルはロッド式と言われワイヤーを使わないタイプです。NITTO製ですよ!
サドルもハンモックサドルなんて言い方をしたレザーサドルです。
ライトは砲弾型
オーナメントやヘッドバッジもしっかりと作りこんでいます。
荷物台も頑丈そのものです。
重量は重いの一言です。笑

クラブ号自転車 株式会社中山太陽堂 金属部
生産は 1964年製です。東京オリンピックの年です。(調べました。。。)
当時 29800円
約50年前の自転車です。 しかも新車です。保証書もそのままです。
(でも所々パーツが無いのと、タイヤも朽ちてしまっています。)

有名なメーカーとしては
富士、山口、ツバメ(現アラヤ工業)、ミヤタ(MIYATAは今でも現存)などなど、色々ありました。
有名なメーカーの物で50000円くらいでしたので
このクラブ号自転車は比較的安価な部類だったのでしょう。
今だと29800円でも高いと思われるのかもしれませんね。
現在の価格でいくら?と言われてもピンときませんが
昭和36年ごろの大卒初任給が20000円強だそうです。
。。。すごいですね

全てが日本製の自転車は、今は皆無ですが
フレームの製作では、世界でも認められた会社がまだまだあります。
ピストブームから日本のビルダーさんも世界へどんどん発信されています。
日本製パーツも物によっては、まだまだ存在しています。
いい物はいつまでも存在して欲しいです。

個人的な見解でした。






2/11/2013

JAPAN SHOP

第42回店舗総合見本市  「JAPAN SHOP 2013」

3月5日(火)から8日(金)の4日間東京ビッグサイトで開催します。

RINDOW は、(小間番号 JS4227  株式会社くらた様内)にて展示頂きます。
ユーカリの天然木を使用したサイクルスタンドとのコラボです。

サイクルモードにて、お見逃しの方
一度現物をご覧になりたい方

この機会にどうぞお越し下さいませ。

本展は、集客力のある魅力的な店づくり、そして街づくりのための最新情報を活発に発信。
商空間デザイン・ディスプレーや装飾材、照明デザイン、店舗什器のほか、
サイン・看板、グラフィックス製作機器、店頭POPなど、店舗を形づくり、
演出する最新の製品・サービスが一堂に会します