2/23/2013

ミキスト自転車 は女性だけの物ではありません。!^^


以前にも記載したのですが、
ミキストフレームは、女性の為だけの形状ではありません。
呼び名から想像出来るかもしれませんが
男性でも女性でも乗る事が出来る自転車(ミックス)から来ています。

形状からスカートでも乗りやすいとか
女性が内側からまたぐ事が出来る
と言うのも事実です。
しかしこのフォルムに男性が乗るのも、カッコいいと思っています。

RINDOWは、あえて後ろのみの変速にしてあります。
また後ろのギアを外してシングル(変速なし)の状態にも出来るようにしてあります。
(別途アダプターの購入が必要となります。)
それは、街乗り(普段使い)を主体に考慮している為です。
フレーム素材は軽くて丈夫なクロモリを採用していますので
少々の坂道があっても、シングル化してもいいかもしれませんね!
見た目もすっきりしますし、、、。

またハンドルなんかもドロップハンドルにしたり
オールランダーバー(ストレートに近い物)にしたりもいいかもです。
オールマイティに変化し、楽しんで頂ける形状です。

泥除けが必要が無い。と言われる方には
少し太い目のタイヤに交換するのもいいかもね!

シチュエーションに応じて
様々な楽しみ方が隠れているんですよ!
ご自分の好きな様に、遊んでみてください。

※ ミキストだけに限らず、ホリゾンタルも遊べます。。。

RINDOW MIXTE 520mm


2/20/2013

RINDOW MIXTE_M  ミキストフレーム 520mm

外に出るととてもいい天気

いつも確認する道路の温度計は 3℃
風が無いせいか、表示の気温ほどの寒さを感じず。。。

サンプルの MIXTE M (フレームサイズ520mm) を
先日アップした塗装屋さんにお願いして
今回のトリトンブルーに再塗装してもらいました。
(タイヤも変更してます)

で走ってきました。

私の身長が170cmです。
足の長さは、いたって標準。
サドルを画像くらいに上げていい感じに走れます。

しかし、朝青空を見ると気分が本当に違いますね。
一日のスタートは青空に限ります。

春が本当に待ち遠しい。
周りの梅の木には、蕾が見え始めていますが
桜の花は、四国徳島では、だいたい3月下旬です。

すぐ近くに開花予想の基準となる桜の木がありますので
また写真を撮ってみます。







2/19/2013

スポーツサイクルカタログ2013  クロスバイク編

スポーツサイクルカタログ2013 クロスバイク編にご掲載頂きました。

感謝申し上げます。




2/18/2013

色々と弄る楽しさと 自転車の塗装

生産までの間に、色々可能性を探してサンプル車を弄っております。

前々から考えていたのですが
お客様のご要望があった場合は
カラーのオーダーを受け付けようと目論んでおりました。

最近は、古い自転車のレストア(掃除やメンテナンス、磨きを施し出来る限り元の姿に戻す)
して、改めて乗る方々が増えてきました。とてもいい感じです。
昔ならではの雰囲気は、現行車では表現出来ないので、好きな方には、堪らないだろうと思います。
一つ言えば、有名メーカーのヴィンテージ車と言われる物は
今でもとても価値があり、価格は高い物ばかりです。
古くて交換が必要なパーツも今では手に入らなかったりと
苦労されてる方も多いのでは?ないでしょうか。。。
それも楽しさの一つなんですけどね!

でも車体(フレーム)が傷だらけで、錆びもあったりと
どうしても再塗装が必要な場合もあります。
そんな強い見方が国内の塗装屋さん。
塗装屋さんと言っても自転車を主にやられている塗装屋さんです。
当時のカラーを再現したり
自分の好きなカラーに塗ったりと古い自転車が蘇ります。
最近は、そんな需要も増え、塗装屋さんもちゃんと仕事がある事は
重ねて喜ばしい物です。

そんな古い自転車も
お父さんが乗ってた物があったり
若い頃に買った物が残ってたりすればいいのですが
なかなか状態の良い物も少ないのも事実です。

RINDOWは、そんな時代背景と同じには行きませんが
出来る限り当時を感じられる自転車でありたい と思っております。
アンティーク家具がお好きな方だったり
カントリー雑貨が好きな方だったり
とライフスタイルを邪魔しない存在の自転車!でありたいです。
自転車ありきと言う考え方ではなく
皆様の生活スタイルありきの自転車がRINDOWです。

長くなりましたが。。。。笑
そこで、個人の好みのカラーも様々です。  洋服、車、家、など
ライフスタイルにあったカラーの自転車に乗りたいって
思うこともあるかもしれません。
そんな時は、カラーオーダーをご用命下さい。
本体価格とは別途料金は必要となりますが、自分だけの一台に仕上げる事が出来ます。
上記した国内の信頼おける塗装屋さんとのご縁で実現いたします。

画像のカラーサンプルの中からお選びして頂く事も可能ですが
雑誌の切れ端やPANTONEやDIC(色見本帳)の中の色に
出来る限り忠実に再現したカラーを塗装いたします。

それが愛用して頂ける要因になり、大事に末永く乗って頂ける事になれば本望です。


※画像のカラー見本帳以外からお選びいただく場合は、見本となるカラーチップが必要となります。






カラーサンプル