9/07/2013

別注サドル

今日も雨になりました。
溜まったお仕事が出来るのは良い事です!

サドルをご紹介

これは、別注をかけたVELO製のサドルです。
ダイアモンドステッチを入れたデザインになってます。
ブラウン、ブラック、キャメル の3色です。
素材はフェイクレザー



昔の自転車にはよく見かけたひし形のステッチですが
これを取り付けただけで、グッとヴィンテージ感が出るんです。





pdwのdapper dan グリップ との相性がばっちりです。
ちょっと色を伝えるのが難しいので、明るさの違う所で撮ってみましたが
レッドのボディにキャメルを合わせてもいい味出ますね。




座り心地は、HORIZONTAL,MIXTE のサドルに比べて少し固めです。




現時点では限定生産ですので
数に限りがございます。

税込み 3800円 です。


9/06/2013

Baby Bee Light

先日の大雨、いかがでしたでしょうか?
我社は、もう少しで浸水でした。。。
何とか事なきを得ましたが、今年は徳島雨が少なかった物ですから
雨は歓迎なのですが、極端過ぎました。
これからまた秋が深まるのでしょうかね。
気のせいでしょうが、また日が暮れるのも早くなった気がします。

次第とライトの需要が高まってくるのもこの時期からです。
RINDOW こんな可愛いライトが入荷しています。

- Baby Bee Light  各2,625yen 税込 -
Body color CP, Black 2色 (各ボディカラーにWhite 球、Red 球があります)

かなりレトロっぽい姿をしていて中身はLEDのライトです。

正直ライトと言うほど照射がある訳ではないので
補助ライト的に使用して頂ければと思います。
テール用は、全く問題なしですね!
当然 点灯、点滅 機能もありますので、夜 背後からの視認性は良いです。


ツバが可愛く、レトロ感たっぷりです。
下のフックは、分解(電池交換等)用のつまみになってます。
何か吊ろうとは思わないで下さい。


ボディはスチールのメッキ。
メッキ具合は悪くないです。
ただ雨ざらしは良くないのは、当然の事。
防水性はほぼないに等しいので、使用状況としては晴天時のみがオススメ。


1LEDです。
球の反射性は考慮していませんが、
リア用の視認性は充分です。


ステーは、画像の様なL型ステー。 後ろに黄色いボタンで操作します。
基本的に丸いボディですので、L型を横からボルトオンにしても
ツバが回りますので、どの方向でも対応します。
RINDOW に装着してみました。


取り付け位置は、リアキャリア用右ダボ。
サイドからの佇まいも悪くないでしょ!^^


ステーも巧く考えれば、様々な位置に取り付けする事が出来そうです。
好みですが、フェンダーとか、キャリアとかね


真後ろから見た感じ。
フックの金具が少し見える程度ですが、気にならないでしょ!


付属 : 反射板のバンドを利用しシートステイに固定してみました。


ホワイト球の物をフロントキャリアダボに取り付け
前からの走行車両へのポジション灯としての役割になりそう





- Baby Bee Light  各2,625yen 税込 -
Body color CP, Black 2色 (各ボディカラーにWhite 球、Red 球があります)

レトロな雰囲気を持った小型LEDライト

いかがですか?

※ こちらの商品は、店頭及び通信販売のみの取扱いとなります。

9/03/2013

サイクリスト 西川昌徳 君

先日ある青年を紹介して頂きました。名前は西川昌徳君。
存在は、とよとみ珈琲さん所のギャラリーでの写真展示会や地元のタウン雑誌などで知ってた。
何をしてる青年かと言うと 世界一周 自転車での旅。
近年世界一周をするサイクリストも増えているし、サイクリストへの理解も環境も良くなった。
正直、お!頑張ってる青年がいるな~。 程度な印象と若いっていいな~ってくらい。。。
それがFacebook内の友人を通じて、今度また世界一周を再開すると言う話を聞きつけました。

以前は自分の仕事を進める事で頭がいっぱいだったのもあるし
でも身近にこんなチャレンジをしてる若者は、自分への啓発にもなるし
話を聞いてみたいと単純に感じ
「何か応援出来るのであれば、言って下さい。」と伝えてもらった訳でして

そんなこんなで、先日初めてお会いした次第です。

1983年 姫路市出身の彼は、徳島大学 工学部を卒業後
2006年 自転車日本一周
2007年 ユーラシア大陸横断自転車旅スタート
2008年 中国四川大地震 災害ボランティア活動
2009年 ネパール山岳部教育支援、インドマザーハウスボランティア
2011年 福島県新地町災害ボランティアセンタースタッフ
2012-2013年
      ユーラシア大陸自転車横断達成 学校教育として新地町立駒ヶ嶺小学校とSkype交流会授業を実地

自分が旅を通じて、何が出来るのか?を正面から考え
世界を旅する事で味わう、文化の違い、世界で起こる災害、争い
遠い国で起こっている現実が他人事ではなく、自分の周りで起こっている様に感じて来たと言う。。。
ただただ思う事は、自分では何も出来ない。でも自分で出来る事で世界平和を祈ろう。
また子供達に僕もがんばってるよ!だから君たちもがんばれ!
あきらめない夢と希望を持って!というメッセージを伝えたいと


西川君の話しを聞いている中、

「覚悟を決めた。」 
「覚悟を持ってから全てのモヤモヤから吹っ切れました。」と
その言葉が私に響きました。


RINDOW は、倫道 ⇒ 輪道 が語源です。

人としての道を歩む中、自転車によって世界の道を渡る西川昌徳君を
RINDOWとして出来る範囲で応援して行きたいと思います。
そして、無事に今回の行程を終えられる様に、自転車の部品交換、整備を担わせてもらいます。



西川く~ん ちょっと画像拝借するよ~

ぼくの「地球」を走る旅 西川 昌徳 ブログ
http://ameblo.jp/masanori0615/

国旗を胸に、日本の代表と言う気持ちで走りぬきます! と西川君 気をつけて!

こういう地平線と空を見ると広大な地球を感じられますね。

中国 四川地震の際の復興ボランティア  

ネパール⇒ポルトガル 行程途中



福島の小学校と世界をつなげる Skypeを使っての授業

世界って広いよ~   人、文化、言葉の違いを感じて欲しい そして興味を持って欲しい



ネパール ⇒ ポルトガル行程。9月出発アラスカ ⇒ メキシコ ⇒ アメリカ 行程の相棒 CANNONDALE M400 

14000kmを一本のタイヤで走りぬいたScwalbe MRATHON PLUS タイヤ

このサドルに出会ってから、お尻が痛くなる感覚を忘れてしまったそうです。 しっかりと型どられてます。笑