9/20/2013

Interbike 2013 Las Vegas

砂漠気候独特の乾燥した気候が
ここ数日日本で続いていた湿った空気のおかげで体が湿った感覚がありましたが
一気に乾ききってしまった様です
リップクリーム、水分は離せません。


会場は 
MANDALAY BAY HOTEL CONVENTION CENTER


Interbikes 2013

会場が変更されたおかげで、毎年ある程度定まった場所で迷う事なく練り歩く事が出来たのですが
今年は何処を歩いているのか判らず
何度も同じ場所を歩くハメに

さて会場を歩くと目に付くのが
ファットタイヤの自転車たち

RINDOW とは、少しかけ離れたカテゴリーですが
若い頃はMTBに乗っていましたので
気にならないはずが無いのです。
代表的なSURLY (サーリー)には
大勢の来場者で溢れていました。

しばらくこのファットタイヤからは
目が離せないですね!


個人的に目に止まったのが




Ritchey 
今なら特にこの時代の自転車が懐かしく、
また不変な格好よさがあると実感します。

またこんなのも

デロリアン
Back to the future でベースとなった車

アメリカらしいと言えば良いのか
ヨーロッパの良さとは全く真逆な
ラギッドの良さがあります。

写真がカメラに入ってるので
改めてご紹介させて頂きますが

時差ボケがまた出始め夜中に
起きだして書いてます。







9/18/2013

出発

バタバタとしながら荷造りし
昼前に徳島を出発しました。

東京の友人達と合流し
成田から出発です。

今回は一番安い航空券だったのが
シンガポール航空。
しかしながら、大きさ、豪華さ、機内食、利便性、
すべてが過去に乗った飛行機を上回ってます。

噂には聞いていたが
シンガポール航空最高です。





9/15/2013

Inter Bikes 2013

先日お知らせさせて頂きました様に
9月17日~24日 まで Inter Bike 2013 視察の為、ショールームを休業させて頂きます。
お電話でのお問合せ等、対応出来かねますので
お問合せに付きましてはメールにてお願いいたします。
   
         ↓   ↓    ↓    ↓    ↓


2009年ぶりのインターバイクです。
アメリカ経済が落ち込み始め、自転車業界もその煽りで出展者数、来場者数も減少してた頃です。

昨年より会場も変更され、またアメリカ経済回復の兆しも顕著に見え始め
出展者数も増加の傾向なんだそうです。
今回4年ぶりのラスベガスです。

世界からの来場と世界のメーカーさんが集まる訳ですから
会場も広いに違いはありません。
隈なく見ようと思っても、3日では足りません。どこか省きながら見ないといけない訳です。

でも個人的に面白いのは、初めてのショーへの出展で、
会場の片隅にブースを追いやられ人通りもまばらなエリア。
そんな所に面白い商品が並んでたりする物なのです。

私自身偏った目線ですので
最近のトレンドやテクノロジーに興味が無いわけは無いのですが
非常にマイノリティな方々との出会いを楽しみにしています。

台湾の友人や以前お世話になったアメリカのメーカーさんとも久しぶりに会えるので
楽しみであります。

LAからのドライブ 景色全ての色彩の濃さを見たいな~と
久しぶりなので、少し緊張気味でもあります。。。
何せ時差ボケが結構きつい方なので、ボ==っとしています。