2/21/2014

Portland にて

西川君が Portland に立ち寄った際に
街の自転車の画像を送ってくれました。

私の好みを察してか、、、使用感たっぷりの自転車達でした。笑

ポートランドは行きたい場所ではあるのですが
正直まだ行った事がありません。
湿気とかどうなんでしょうか?
そんなにサビも出ていない様子ですし
西海岸みたいなカラリとした気候が多いのでしょかね!

オレンジのミキスト(PEUGEOT)がとても気になります。
ハンドルの周りのスピードメーター?笑

街の雰囲気と自転車が何ともピッタリです。
昔の日本も同じ感じの自転車が多かったですが
日本では気候上、朽ちてしまう事もありますから
なかなか古い自転車を奇麗なままで残ってる事は少ないですね。

西川君もロサンゼルスにゴールしました。
今回の行程はのべ8000km
アラスカでの気温が -30℃
カリフォルニアの気温が 20℃
寒暖差50℃です。

昨日Skypeで話ましたが、ついこの間までは
雪焼けの顔でしたが、昨日は、日焼けでした。
まあ無事にゴールしましたので、一安心です。


今頃は日本への飛行機の中かな?











2/20/2014

自転車のフレーム 塗装

昨日も寒かった。。。
定休日を利用して、前々から行きたかった自転車フレームの塗装屋さんを
表敬訪問してきました。

もともと日本製のフレームを製造していた会社
生産が中国へ移行した事もあり
ここ近年で自転車のフレームの塗装のお仕事へ

徳島からフェリーで和歌山に渡り
会社のある堺市まで
堺市はSHIMANOさんの本拠地
もともと堺市は自転車の街としても有名です。
あと刃物!

当然知っている方も多いと思いますが
時は過ぎています。知らない方々も多くいるはずです。
それと業界もここ何十年で随分と変化してしまって
堺市に拠点を置く、自転車関係の会社さんも様変わりしてしまいました。
温故知新 
その時代を知っているからこその何かもあるはずです。
昔の体質に良きも悪しきもある物ですが
今となっては、良き時代の事しか思い出しません。

今回、タイミングも合わさって表敬訪問する事が出来ました。
でもタイミング悪く、お昼時にお伺いしてしまって
皆さん食事中だったのに、すいませんでした。

何か興奮してしまって、とにかく設備や塗装を待ってる
各フレームさん達
超有名なフレームもあったりで、見てるだけで充分でした。

仕事の邪魔をしないように、なるだけ早く帰ろうと思ってましたが
少しのお話の中に、昔の業界の事や共通の業界の方の話や
楽しくお話させて頂きました。

持論として、数ある自転車も自分の好きな色に塗り直すだけで
一生大事に乗りたいと思う気持ちも沸いてくると思っています。
決して国内での塗装が安い物ではありません。とは言っても
自家用車を再塗装する程の金額でもありません。

自分の身の回りで自分のオリジナルな物って愛着ありませんか?
私はあります。ちょっとした物にも個性を出したいと思います。

昔話ばかりすると嫌われますが、私は自転車って言う物に対して
良き時代の物を無くす事だけは、何とか避けたいとずっと思っています。
だからこそ国内でこうやって頑張っている塗装屋さんやフレームビルダーさんは
本当に尊敬します。
私は私の役割でしか表現出来ませんが、今後も少しでも昔の良さを
知ってもらいたいと思います。

昨日は、往復8時間、滞在1時間ほどでございましたが
身のある一日だったと今も興奮してる状態です。

自転車のフレーム塗装をしたいと思われる方
どうぞお気軽にご相談下さい。











2/17/2014

西川 昌徳 もうすぐゴール

いよいよ西川君がロサンゼルスのゴールを目前にしました。
現在サンタバーバラ、つい昨年の9月に行った場所です。
今まで想像もつかない場所での行程だったので
少し知った場所を聞くと、もうすぐだなあって実感します。

本人にとっては苦しい行程だっただろうけど
のほほんと日本に居る私にとっては、もうゴールかあ〜と
感慨深い物があります。

出発前に交換したパーツ類達がどんな姿になっているか?
楽しみです。

そんな事を考えられるのも
無事に走り抜けたからこそ
まだゴールはしてませんが、よくぞ無事で!と言ってやりたいですね。

でも彼の旅は、まだまだ続きます。
帰国後 次の行程の計画を立てるそうです。

南米、アフリカ大陸、ユーラシア大陸
まだまだ残ってますからね。