3/15/2014

塗装あがり

お客様のご希望でのラグ塗り分けが出来上がってきました。
予想以上の仕上がりに興奮です。
テンションが上がりますね。
組み付けを早くしたい気持ちを押さえつつ
じっくりゆっくり



3/09/2014

2014 Taipei Cycle Show

本日無事帰ってきました。

今回は非常に長かった。。。
よく歩いた4日間フルの滞在。
毎回2日間くらいの滞在で消化不良を起こしながらでの帰国
今年は非常に違う意味で楽しかったですね!



今年の台北ショーを総評すると
「特に何もない」の一言に尽きるでしょうか。。。

それは、面白くないと言う意味ではなく、
今後のトレンドがこれ!
って思える物がなかったと言う感じでしょうか。

昨年のインターバイクにも多かったFAT BIKEは
相変わらず様々なラインナップでした。




印象深かったのは、電動MTBがどんどんかっこ良くなっていってる事。
電動ユニット、バッテリーカバーもしっかりと、全体像のデザインの一部として形成され
以前の
あとから取り付けました的なデザインで無くなっている事でした。

すいません。画像が無い事に気づきました。
日本で根付く事は無いと思い込んでいますのでカメラでは残していません。


ロングテールは逆に減ってる?のかXTRACYCLLE さんくらいしか
目立たなかった気がする。



一番気に入った自転車がこれです。⬇⬇⬇
以前お客さんに依頼されアメリカからハンドルを購入した事があったので
憶えてたのですが、「JONES BIKE」さんの自転車

チタンフレームで見た目よりずっと軽く
程よい太さのタイヤとフレームのしなりから乗るとめちゃくちゃ気持ちがよい。
多少の下りもサスなしで充分クリア出来そうなほど。。。
「欲しい!」

元々Surlyの販売店さんで、ショップオリジナルでSurly用のハンドルを製作。
今度はフレームをプロデュースって流れでしょうかね?
恐らく様々なブログでこの自転車は登場するでしょう。詳細はそちらで。。。
それより今年の秋あたりからどこからかの代理店さんから発売されるでしょう。
何処だろ??興味深々です。






TANGEさんのブース
ほぼ80年代後半なMTBが目を引きました。
結局いつも通りで、頭の中はずっと止まってしまってます。好きなんです。




細かな部分は別として、全体的なコンセプトは嫌いじゃない⬇⬇⬇です。
細部にショーの為に短期間で作りました感がどうしても出てたので、省きます。




ダッチバイク、カーゴバイク、カーゴバイクの電動車などなど
ヨーロッパ色の自転車、アメリカ色の自転車、本当様々で面白いのです。








こんな感じで世界の自転車を一望出来るのが台北ショーなので
やはり毎年来なくてはいけません。




ショーの後は食事です。
たまたまホテルの近くにあったので行ってみました。
小籠包が評判の 「冠京華」グワンジンフア ってお店
小籠包だけじゃなく、画像の麺は担々麺で濃厚な胡麻のペーストが何とも美味しかったです。






久しぶりにあった台湾の友人も居たし、修業時代の仲間との楽しい夜市
新しい台湾、イタリアの友人も出来ました。

最後になってしまいましたが
今回サンプルは間に合わなかったのですが、以前から進めているあるパーツ
来週にはサンプルが上がってくるそうなのですが、イタリアでも販売してもらえる事になりました。
そうそのイタリアの友人が気に入ってくれましたので。。。Chao