1/30/2015

ライトネタばかりですが。。。

ここ最近ライトネタばかりですが
発売させて頂いたばかりですので、お許し下さいませ。
様々なご質問を頂いたり、なかなか文章では説明が出来なかったり
画像の撮影もままならなかったりで
少しばかりライトネタを続けさせて頂きます。

ご販売店様の画像を拝借させて頂きながら
取付のご参考になればと思っています。

画像 福岡 スプトーニク様

Tokyo Bike 20インチ
バスケットは、私も大好きなWALD
サイズも様々な物に取付出来、シンプルなデザインで大好きです。
バスケットの脚の部分に、高さ調整が出来る穴があります。
その穴を利用して、ライトを装着です。裏側からボルトで止める事で取付完了です。
脱落の危険をもっと回避したい場合は、ボディ内側にナットを入れ込んで頂ければ
脱落の心配も軽減すると思います。

穴の位置は沢山ございますので
照射の加減を考慮しながら、上下適当な位置に取付頂ければ!




同じくTokyo Bike さん

画像提供 大阪南堀江 Verolife UNPEU 様

そもそもこの位置に取付出来るライトを想定したのが始まり
ハンドル位置だとバスケットや中の荷物で前が照らせない。
ある程度のスペースが必要になりますが、ベントタイプステーを使用すれば
この様に邪魔される事なく前を照らします。
ストレートタイプだとバスケットに当たってしまいますので、ベントタイプです。



UNPEU 様より
BRUNO さんのカンチブレーキ仕様にはこの方法です。
ステーが届けば撮影したかったのですが、残念ながら手頃なカンチブレーキ仕様の
自転車が無く、そのうち撮影しようと思ってた矢先です。UNPEU様ありがとうございます。

ベントタイプステーを逆さにして頂くとこの様に取付け可能です。
カンチブレーキにはそもそもフロントフォーク穴にフックが装着されています。
これは、不意なワイヤー切れの際、画像の山なりになっている部分が
タイヤに接触し、タイヤをロックしてしまうと言う不慮のアクシデントを
防ぐ意味合いがあります。

このステーを使用し、画像の様に逆さに取付けて頂ければ
そのフックの役割も果たします。





今回は以上
また取付の参考になる画像をご用意させて頂きます。


スプトーニク様、UNPEU様 ありがとうございました。

1/29/2015

BLACK X WHITE LED 入荷です。

今月欠品しておりましたBLACK X WHITE LED でございますが
本日入荷いたしました。
順番に発送しております。
明日には全て発送完了となりますので、今しばらくお待ち下さいませ。

お待ち頂きありがとうございます。